ダイハツ宝塚店

宝塚店サービス情報!!

こんにちは、そしてお久しぶりの投稿となります。
今回、ついにダイハツにも登場します新オイル添加剤bAu plus(バウ プラス)をご紹介いたします。


バウプラスは今や他メーカー様でも話題となり取り上げられております、今までにない新しいエンジンオイル添加剤となっております。

では、何が新しいのかといいますと。従来のオイル添加剤は金属表面を油膜により保護しながら摩擦による抵抗を減らし燃費の向上やエンジン音の低減をはかるものでした。
が!!ご紹介のオイル添加剤は金属表面を保護しつつ今まで傷付いた金属表面の再生を行うというものです!
では、その驚くべき性能と効果を細かくご説明いたします。
エンジンのパワーと燃費を落とす要因とは、圧縮抜けとフリクションロスとエンジン内部のスラッジです。
エンジンを動かす動力はガソリンと空気を混合して圧縮しそこに点火をする事によって起こる爆発の力を利用しています。ですが、使用年数が経過すると鉄が摩耗してエンジン内部の部品(シリンダーとピストン)の隙間が大きくなれば、エンジン音の増大や気密性が落ちて、シリンダーの中でガソリンと空気を混合して圧縮する力が弱まります。この混合気の圧縮圧が低下すると力が弱まり発生するパワーが落ちます。
それにより、エンジンが不完全燃焼になるのでススが増えたり、排気ガス中の有害物質も増えます。ススが多くなるとオイル中のスラッジ(燃えカス)も増えます。
スラッジ(燃えカス)が増えるとエンジン内部の大事な部品にこびりつきます。結果、さらに気密性が悪くなります。
 フリクションロスとは、鉄の摩耗よるエンジン内部の部品にできる隙間から摩擦が大きくなりエンジンを回す抵抗となりパワーがロスしてしまいます。
これを、フリクションロスといいます。フリクションロスが増えると燃費事態の悪化にもつながります。
これらを改善する4つの特徴がバウプラスにはあります。

さらに、驚くのがその速攻性にあります!従来のオイル添加剤は、数千㎞走行後でないとその効果はあらわれませんでした。バウプラスは注入後、約1時間アイドリングを行うだけで体感できる効果が発揮できます。(注:お車の状態によります)
走行距離50000㎞以上お使いのお車ですと、その変化は体感頂けると思います。

定価12000円(税別)
効果は約20000㎞継続いたします。最適な注入サイクルは15000㎞ごとがおすすめです。
注入後、最低でも15~20分のアイドリング時間をいただいた方が効果をすぐに体感いただけます。

なお、こちらは大変人気の商品となりますので在庫に限りがございます。ご来店前に在庫のご確認をしていただくのがおすすめです。

ぜひ一度、お車のアンチエイジングをしてみてはいかがでしょうか?気になられた方はお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

#ハッシュタグ