本社

コペンプラモデル作り ~ダッシュボード・内装の組み立て編~

こんにちは。販売促進課 のぐちです。
前回のブログに引き続き、コペンのプラモデル作りをお届けします♪


今回は「ダッシュボード・内装の組み立て」編です。


早速ケースからパーツを出してみました。
ダッシュボード塗装のつや消し感が非常に良いです。
特にステアリングは細かい部分まできっちり塗り分けが出来ています。

シートは柔らかい素材で出来ており、手触り感もバッチリです。
シフトはマニュアルとオートマのどちらか選べる様になっています。
L字型のパーツは何でしょうか?(‥)


細かい塗装や造形の緻密さがわかって頂けるでしょうか?
メーター内の目盛りや針は始めからデカールが貼ってあります。


まずはダッシュボードにステアリングを組み込んでいきます。
接着剤は不要です。
ステアリングを差込むだけでした。
L字型のパーツはステアリングとタイヤを連動させるためのものです。


次にシフトレバーを取り付けます。
今回はミッションを選びました。
後にオートマ仕様も選べる様に。
ここでも接着はしません。


コクピットの完成です。フロアにはマットも敷いてあります。
シートの質感が良いですね!


出来上がったコクピットを「1回目に作ったシャーシ」に取り付けます。
シャーシの穴にはめ込む時は、少し硬いので力がいります。


ダッシュボードを取り付けます。
ステアリング機能が付いているので、うまく合わせましょう。


取り付けにはコツと力が必要です。硬いので根気強く。
凸凹部分がきっちりと収まるように合わせていきます。
パーツがうまく入ると、パチッと音がします。


どうですか?いい感じでしょう?
ステアリングを切ると、タイヤが動きます。


シャーシに内装が付きました。
残念ながらシートベルトは付いていません。
手先が器用な方は自作されてはいかがでしょうか。


シャーシにコクピットが収まり、第2回目の作業が完成です。
パーツ数は少ないのですが、はめ込み作業に時間がかかり、今回は20分ほどかかりました。
次はいよいよボディーパーツ!
次回をお楽しみに!