健康経営

兵庫ダイハツ販売株式会社は経営理念に基づき、従業員一人ひとりが心身共に健康であり、明るくいきいきと働くことができるよう、従業員の健康維持増進に取り組んでいます。

1.目指す姿・目的

◆健康宣言
兵庫ダイハツ販売株式会社は経営理念に基づき、従業員一人ひとりが心身共に健康であり、明るくいきいきと働くことができるよう、従業員の健康意識を向上させるとともに、安心して働ける会社にするために健康維持に積極的に取り組むことを宣言します。

令和2年1月1日
兵庫ダイハツ販売株式会社
阿部 薫

2.推進体制

当社は、「兵庫ダイハツ販売株式会社 健康経営宣言」に基づき、従業員の健康を重要な経営資源を考え、代表取締役社長を最高責任者とし、総務部内に「健康経営推進チーム」を組織します。
健康経営の推進に際しては、産業医の支援を得つつ、労働組合、健康保険組合とも協議を行い、年間あるいは中長期的な実施計画を定め、推進していきます。

3.健康課題と取組内容

◆健康課題の設定および評価・改善
当社は、健康診断や職場環境に関する様々な情報に基づき、重点課題として、生活習慣病予防、労働時間の適正化・ワークライフバランスの推進、メンタルヘルス対策等を設定し、具体的な取り組みを進めています。
健康診断データを初めとして各種情報に基づき、全社の状況を把握・検証・分析することで、各施策の効果評価を行うとともに新たな対策を継続的に実施していきます。

◆主な取組内容
・健康状態の適切な実態把握
 定期健康診断・人間ドック 受診率100%
 ストレスチェック 実施率100%
・運動習慣の改善を通じた生活習慣病予防 
 (毎朝のラジオ体操参加等)
 肥満リスク者 全社員に占める割合26% 
 (2018年度28.0%➡2019年度29.7%)
・労働時間の適正化・ワークライフバランスの推進
 (ノー残業デーの推進、インセンティブ制度の導入等)
 ノー残業デー実施率 80% 
 (2018年度75.8%➡2019年度80.8%)
 本取組みは職場環境におけるコミュニケーション向上にもつながっており、引き続き様々な工夫をしながら取り組みを推進していきます。

4.その他取り組み

健康づくりチャレンジ企業

働き盛り世代の健康リスクが注目される中、当社は従業員・職員の健康管理を経営的な視点で考え、従業員や家族の健康づくりを通じて「健康経営」に取り組んでいます。
当社は兵庫県の「健康づくりチャレンジ企業」として登録し、働き盛り世代の健康づくりを推進・支援しています。

ひょうご健康企業宣言

健康優良企業を目指して、企業全体で健康づくりに取り組むことを宣言いたします。
その取り組みの一つとして、健康保険組合連合兵庫連合会の「ひょうご健康企業宣言」を行い、健康保険組合と連携して従業員とその家族の健康増進を推進していきます。 ≪取組宣言≫
・定期健康診断受診率100%
・45歳以上社員の人間ドック受診率100%
・ストレスチェックの実施率100%
・インフルエンザに対する予防と感染防止

スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」参加

兵庫ダイハツ販売株式会社は、健康優良企業を目指して、スポーツ庁の健康増進プロジェクトに参加しています。
FUN+WALK PROJECTとは、歩くことをもっと楽しく、楽しいことをもっと健康的なものにするスポーツ庁の官民連携プロジェクトです。
「歩く」を入口に、国民の健康増進を目指しています。

5.外部評価

こうした取り組みにより、兵庫ダイハツ販売株式会社は健康経営に優れた企業として、経済産業省が選定する「健康経営優良法人2020」に認定されました。
当社は2018年から3年連続の認定となります。
社員やその家族が心身ともに健康であること、健康リテラシーを高め健康の保持増進に努めていくことは、社員の生産性の向上の土台となるとともに、お客様に当社の商品・サービスを選択頂くうえでも、ますます重要になってきます。
認定を励みとし、社員の健康度の向上、お客様企業への支援の強化を図り、健康経営のさらなる拡大、発展に取り組んでまいります。

健康経営優良法人2020

健康経営優良法人2019

健康経営優良法人2018